〒810-0073 福岡県福岡市中央区舞鶴2丁目2-7 熊江ビル201号室
(地下鉄空港線赤坂駅3番出口 徒歩3分 地下鉄天神駅・西鉄天神駅 徒歩10分 法務局前バス停 徒歩1分)

平日/土 10:00~20:00
日/祝 10:00~14:00
(水曜・第1.3.5週火曜・第2.4週日曜を除く)

080-3904-1021

脊柱管狭窄症

このような症状にお悩みの方が多いです

  • 両側の下肢の痛み・しびれ
  • 歩き続けると症状が増して、休むと症状が消えていく
  • 前屈みの姿勢が楽
脊柱管狭窄症とは

腰からでる神経が圧迫され症状が出ます

脊柱管は、背骨にあり関節や靭帯に囲まれたトンネルです。その脊柱管に脳から繋がっている脊髄神経が通っています。
加齢や背骨の変形など様々な理由により脊柱管が狭くなり神経が圧迫され、腰痛より足の痛みやしびれ、足の冷え、歩き続けると症状が強くなる歩行障害(間欠性跛行)などの症状が現れます。
好発年齢として、50代から徐々に増え、60代以降によく見られます。

 

間欠性跛行

腰部脊柱管狭窄症で、よく見られる症状として間欠性跛行です。
間欠性跛行の特徴として「歩き続けると症状が強くなり、前屈みになって休むと症状が消失する」ということです。
ただ、「閉塞性動脈硬化症」という血管の病気も同じ間欠性跛行が出るため、一概にその症状があるからといって脊柱管狭窄症とは言えません。ですので、まずは病院を受診し、脊柱管狭窄症なのか確認することをおすすめします。

症状の進行度合いによっては、鍼灸も一つの手段

脊柱管狭窄症になったからといって手術ではなく、症状を緩和させるために鍼灸治療も一つの手段だと思います。
ただ、足の感覚がなくなったり、排尿障害が出てきたりと症状の度合いが進行すれば先に医療機関を受診する必要性もあります。
当院では、
・10分以上歩ける
・症状が辛い日と辛くない日の波がある
・休むと症状がゼロになる
などと、まだ症状が進行していなければお引き受けができる可能性が高い
です。

鍼灸治療の効果

脊柱管狭窄症のメカニズムとして、なんらかの原因により、脊柱管が狭くなり、神経が圧迫され、そして神経症状が出始めます。脊柱管が狭くなる原因としては、若い頃の重労働や加齢による脊椎の変形などがあげられます。当院は詳しく聞き取りを行い、腰の負担を減らすために腰だけの施術ではなく体全身の歪みから整えます。鍼灸治療は、腰の筋肉の緊張を緩ませ、神経が圧迫されないように負担を減らします。そして血流を促進し、痛みやしびれを減らします。そして当院はそれに、整体を組み合わせ体の歪みを整えます。
脊椎の変形など骨に対して元に戻すことはできませんが、神経圧迫が起きているため周りの筋肉を緩めることで神経の流れが良くなり、症状が軽くなることはできます。ただ今までの長い時間かけてゆっくり体の歪み、脊柱管狭窄症の引き起こすことが多いため、すぐに症状を改善することは難しいですが、継続的に治療することで少しずつ改善していきます。まずは【福岡市天神】女性専用の下川鍼灸治療院へご相談ください。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
080-3904-1021
受付時間
平日/土 10:00~19:00 日/祝10:00~13:00
定休日
水曜・第1.3.5週火曜・第2.4週日曜

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

080-3904-1021

<受付時間>
平日/土 10:00~19:00
日/祝 10:00~13:00
※水曜・第1,3火曜・第2,4日曜は除く

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

下川鍼灸治療院

住所

〒810-0073
福岡県福岡市中央区舞鶴2丁目2-7
熊江ビル201号室

アクセス

地下鉄空港線赤坂駅 徒歩3分
地下鉄天神駅・西鉄天神駅 徒歩10分
法務局前バス停 徒歩1分

受付時間

平日/土 10:00~19:00
日/祝 10:00~13:00

定休日

水曜・第1.3.5週火曜・第2.4週日曜