〒810-0073 福岡県福岡市中央区舞鶴2丁目2-7 熊江ビル201号室
(地下鉄空港線赤坂駅3番出口 徒歩3分 地下鉄天神駅・西鉄天神駅 徒歩10分 法務局前バス停 徒歩1分)

【診療時間】
平日 11:00~20:00
土 10:00~17:00 日/祝 10:00~14:00
(水曜・第1.3.5週火曜・第2.4週日曜を除く)

080-3904-1021

坐骨神経痛

このような症状にお悩みの方が多いです

  • 腰から足先にかけて痛み・しびれがある
  • 前屈または後ろにそらすと痛みが増す
  • 立ち時間が続くと足が辛い
  • 座り続けると痛みが増す
  • 歩くと足が辛くなるが、休憩すると痛みがゼロになり歩行が再度可能になる
坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは、病気の名前ではなく「腰痛」や「肩こり」などと同じように症状です。

腰椎(背骨の腰部分)から出発し、臀部を通って足先へ向かって走行している神経。
その神経が、何らかの原因で刺激され下肢に痛み・しびれ
が現れます。

様々な要因によって坐骨神経痛が引き起こされます

坐骨神経痛を引き起こす要因・一般的療法

坐骨神経痛が出現する問題は、

・脊椎疾患(椎間板ヘルニア腰椎分離症・脊柱管狭窄症など
・筋肉の問題(慢性腰痛梨状筋症候群(お尻の筋肉により坐骨神経が圧迫され下肢症状が出現))
・内臓的問題(癌や婦人科疾患など)
・心因的問題

などがあります。
そのため、まずは何の問題で坐骨神経痛が起きているのか病院で検査することが大切です。

その中でも筋肉や骨などの整形外科的問題で起きている坐骨神経痛に対しての病院・整骨院等の処置方法は

・注射や飲み薬
・患部の温め
・腰や足などの症状部分に電気療法やマッサージでの揉みほぐし

(排尿障害や日常生活に支障が続いたり、内科的問題の原因になれば手術が必要な場合もあります。)

鍼灸と整体で坐骨神経痛が起きた根本原因から改善します

繰り返さないためにも坐骨神経痛を引き起こした根本原因を見つけます

当院では、坐骨神経痛の慢性化や再発がおきないように坐骨神経痛を引き起こした根本原因を見つけます

例えば、「椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛」と病院で診断。ヘルニアがおきたことで坐骨神経痛の症状が出ていることは間違いではありませんが、もう一歩踏み込み「そもそも何故ヘルニアを引き起こした原因は何なのか」を探すことがとても大切になってきます。
診断名は体に起きている問題をあらわす言葉であり、必ずしもその症状の原因ではありません

上記のように、整形外科の薬や整骨院の電気治療などは、「坐骨神経痛」という症状にフォーカスをあて坐骨神経痛という症状を緩和する対処療法です。
対症療法で坐骨神経痛という症状は緩和されると思いますが、根本的な原因にはアプローチが出来ていないため、坐骨神経に刺激を与えやすい体のままの状態あり、また同じような日常生活を送り始めると坐骨神経痛の慢性化・再発に繋がりやすくなります。そのため当院では繰り返さないためにも、坐骨神経痛を引き起こした根本原因から見つけ、施術を組み立てます。

坐骨神経痛を引き起こした根本原因が姿勢だと当院の専門分野です

当院は、坐骨神経痛を引き起こした根本原因を見つけるために初回に、
・聞き取り
・全身検査(筋肉の緊張・神経の働き・関節の動き)
・姿勢分析
を行います。
そこで、腰に強い負担がかかる姿勢によって、腰痛や椎間板ヘルニア、梨状筋症候群などが起き、坐骨神経痛が引き起こされているのであれば、お役に立てることが多いです。
何故なら、腰に負担がかからなければ(安静・横になるなど)坐骨神経痛が軽減し、腰に負担がかかる動作(歩く、腰を曲げる、反らすなど)で坐骨神経痛が強くなるということは、腰に負担がかかる姿勢が原因と考えることが出来ます。

鍼灸と整体で
坐骨神経痛の改善

鍼灸・整体で「筋・神経・骨格」全てにアプローチ

ヘルニアや脊柱管狭窄症、梨状筋症候群などの骨の問題や筋肉の問題でおこる坐骨神経痛は、日々の姿勢(足組みやソファーなどの浅い座り)や労働が、良くも悪くも体へ影響を与えています。

小さな積み重ねが、前後左右の筋肉バランスが崩れ、それにより筋肉が付着している骨格もゆがみます。それらの歪みによって全身を張り巡っている神経も障害を受けます。
筋・神経・骨格など体を動かす機能は全て関連しています。
どこか一部分が悪くなれば、他の場所にも機能しなくなります。
だからこそ当院は、患部を含め全身をチェックし、「筋肉・神経・骨格の歪み」を鍼灸と整体を組み合わせた施術で全てにアプローチします。

当院は、治療に頼らず長期的な健康を維持を目指し根本改善

坐骨神経痛がおきた根本原因を辿れば、基本的には慢性的な問題が絡んでいます。
慢性腰痛や梨状筋症候群のように筋肉的な問題でも、神経を刺激してしまうほど筋肉が緊張し、機能できていないということです。その状態が当たり前になると、骨格を支えることが出来なくなり、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの骨の問題に繋がります。

患者様の話を伺うと「元々慢性腰痛持ちだった」という方もいらっしゃれば「腰痛の自覚がなく、ここ1ヶ月くらいから突然腰に違和感を感じ、足がしびれ始めた」という方もいらっしゃいますが、体のなかは慢性的な問題が沢山隠れています。
だからこそ薬や電気治療で坐骨神経痛の症状だけを一時的な痛みを緩和を行ったとしても、坐骨神経痛を引き起こした問題にはアプローチが出来ていないため、坐骨神経痛の慢性化や再発リスクは高いうえ更に体に起きている問題は長期化し、今以上に改善に必要な期間も長くなります。

当院ではその場の坐骨神経痛を緩和だけを目的とはせずに、鍼灸・整体のオーダーメイド施術で根本原因から改善し、坐骨神経痛はもちろんそれ以外の不調を再発させない長期的な健康を維持を目指します。

福岡市中央区天神・赤坂で坐骨神経痛にお困りなら下川鍼灸治療院へご相談ください。

(坐骨神経痛ページの作成者:院長の下川です)

お電話でのお問合せはこちら

080-3904-1021

受付時間:平日11:00~19:30 土曜10:00~16:30 日曜10:00~13:30
休診日:毎週水曜・第1.3.5週火曜・第2.4週日曜

福岡市南区在住 40代女性

坐骨神経痛(40代女性)の事例紹介

左のお尻~太ももの痛みでご来院された40代女性。
特に座っているときに坐骨神経痛の症状が出現
座っている姿勢を保持する筋肉がきちんと機能していないため、重たい上半身を支え切れずに、坐骨神経を刺激。
鍼・整体で「筋肉・神経・骨格」にアプローし、筋肉のバランスを整え、姿勢保持がきちんとできるように機能させる。そして、理想的な姿勢に戻すことで、腰・骨盤に負担を最小限にすることで、筋肉疲労も最小限に。坐骨神経痛の症状緩和は1ヶ月目から順調に良くなり、根本原因である姿勢の解消が行えた結果、坐骨神経痛の症状がぶり返すことなく6ヶ月で治療卒業。

・病院に受診し、その後の治療として初めての鍼灸治療。少しずつ坐骨神経痛の症状が消えていくのが実感できました。坐骨神経痛はもちろん、慢性腰痛もなくなり更に嬉しいです(福岡市天神お勤めの方 40代女性)

・はじめは、ストレッチなどでだましだまし生活をしていましたが、デスクワークの仕事に支障が出てしまい、下川鍼灸治療院さんへ。坐骨神経痛を感じることがなく仕事に集中できるので、通院してよかったです。また女性専用なので安心して鍼灸治療が受けれました(福岡市天神お勤めの方 50代女性)

・整形外科の薬や整体で坐骨神経痛の改善を行っていましたが、何度か繰り返すようになり下川鍼灸治療院さんへ。治療方針や治療の進捗状況を丁寧に教えてくれるので安心してお任せ出来ました。今では、坐骨神経痛を繰り返すこともなく通院して本当によかったです(福岡市天神お勤めの方 50代女性)

下川鍼灸治療院が初めての方はこちらへ

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
080-3904-1021
受付時間
平日 11:00~19:30
土曜 10:00~16:30 日/祝 10:00~13:30
定休日
毎週水曜日・第1.3.5週火曜日・第2.4週日曜日

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

080-3904-1021

<診療時間>
平日 11:00~20:00
土 10:00~17:00
日/祝 10:00~14:00
※水曜・第1.3.5週火曜・第2.4週日曜は除く

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

下川鍼灸治療院

住所

〒810-0073
福岡県福岡市中央区舞鶴2丁目2-7
熊江ビル201号室

アクセス

地下鉄空港線赤坂駅 徒歩3分
地下鉄天神駅・西鉄天神駅 徒歩10分
法務局前バス停 徒歩1分

受付時間

平日 11:00~19:30
土 10:00~16:30
日/祝 10:00~13:30

休診日

水曜・第1.3.5週火曜・第2.4週日曜