〒810-0073 福岡県福岡市中央区舞鶴2丁目2-7 熊江ビル201号室
(地下鉄空港線赤坂駅3番出口 徒歩3分 地下鉄天神駅・西鉄天神駅 徒歩10分 法務局前バス停 徒歩1分)

平日/土 10:00~20:00
日/祝 10:00~14:00
(水曜・第1.3.5週火曜・第2.4週日曜を除く)

080-3904-1021

筋肉のこりがおこる原因

筋肉のこりがおこる原因

ほとんどの皆様が、腰痛や肩こりを感じたことがあると思います。そのまま慢性的になり、「凝りがあるのが当たり前」と思う方も少なくないと思いますが、それは異常です。筋肉のこりがないことが当たり前です。では、なぜ筋肉が凝ってしまうのかをその原因をお伝えします。

筋肉のこりがない場合

筋肉が凝っていない本来の筋肉は、血流によって運ばれてきた酸素や栄養が筋肉へスムーズに行き渡ります。そして筋肉の活動によって生じた老廃物が流れていきます。これがスムーズに行われることで、質のいい柔らかい筋肉を保つことが出来ます。

肩こりや腰痛がおこるのには、理由があります。

筋肉のこりがある場合

「筋肉がこる」というのは、本来のしなやかな筋肉が緊張し硬くなっているということです。
筋肉の中の血管が様々な原因により圧迫され血流が滞り、十分な酸素や栄養が行き渡りません。また筋肉の活動によって生じた老廃物が流れずに蓄積するため、筋肉のこりがおこり、肩こりや背中のはり、腰痛を感じるようになります。そして、そのこりが酷くなると、神経を刺激し、痛みやしびれが生じるのです。

筋肉のこりが起こる3つの原因
運動不足

筋肉を収縮弛緩を繰り返すことにより「血液を動かすポンプ」の働きをします。そのためには、運動をして筋肉を収縮させ、栄養や酸素を運び、老廃物を回収し、血液を循環させる必要があります。
そのポンプが動かないと、筋肉内の血流が滞り、酸素や栄養を受け取ることが出来ず、老廃物が溜まり結果筋肉が硬くなりコリが生じます。

血液を循環させることが大切です。

身体の冷え

本来、身体の活動を支える根本は、エネルギーです。そのエネルギーを全身に運ぶのが血液です。血液の役割は、酸素や栄養などを運び、老廃物や二酸化炭素を回収します。ほかにも、体温維持や免疫力によって体を守ってくれたりします。そして血液が全身の筋肉や器官に届かないと正常に活動することが出来ません。
そしてその血液を流しているのは、心臓だけではなく筋肉を動かし収縮、弛緩をすることでポンプ作用として、血流の循環を良くしてくれます。ですので、運動不足によって、筋肉のポンプが働かず、血液が滞ります。そして、熱を作る力も弱くなり、体も冷えます。
体が冷るということは、筋肉も冷え、結果的に血液循環が悪くなり、筋肉のコリが生じます。

日常生活でおこるストレスも肩こりや腰痛がおこる一つの原因です。

ストレス

ストレスも筋肉がこる原因です。ストレスは自律神経へ影響させます。
そもそも自律神経とは、交感神経と副交感神経に分かれます。そして自分の意志では動かすことが出来ずに、身体に応じて勝手に働きます。
交感神経は、日中の活動するときに優位になります。副交感神経は、就寝時などリラックスするときに優位になります。
身体にストレスがかかると、交感神経優位になり、血管を収縮させ、血液の流れを悪くさせます。そのため、栄養が行き渡らずに、老廃物だけが蓄積され結果、筋肉のコリが生じます。

病院に行っても治療法に限界があります

肩こりや腰痛などの筋肉の凝りやはりは
鍼灸が効果的です。

これ以外にも様々な要因が重なり、筋肉のこりがおこるそれが続くと、肩こりや腰痛として症状が現れます。筋肉とは何層にも重なっており、表層にある筋肉は、ご自身で触れますが、深層にある筋肉は、触れる筋肉もあれば触れない筋肉もあります。ですので、肩こりや腰痛が起きた際に、マッサージや湿布を貼っても表層部分の筋肉はほぐれますが、奥深くある筋肉はほぐれていないことが多いのです

そこで、病院に行ってもコリに対しての治療法は、「神経ブロック注射」が挙げられます。それはお辛い部分に、局所麻酔薬を打ち、痛みを緩和させる方法ですがが、それは一時的な改善で、対処療法に過ぎません。このように病院に行っても、治療法にはどうしても限界があります。そこで、私は、肩こりや腰痛など慢性的な筋肉のコリに対して、「鍼灸治療」をおすすめします。

肩こりや腰痛がおこる根本原因を見つけ、計画的に施術を行います。

鍼灸で筋肉の緊張を緩め血行促進します

鍼灸は、身体に対して様々なアプローチが出来ます。
鍼は、マッサージでは届かない奥深い筋肉まで刺すことが出来、筋肉の緊張を緩めます。そうすることで、血液の循環が良くなり、栄養や酸素を送りこみ、老廃物を回収することが出来ます。また自律神経にも作用し、交感神経と副交感神経のバランスも整えます。
またお灸は、体が温まり、血行促進します。また体内の細胞を活性化させ、免疫力が上がり、自己治癒力も高まります。(自己治癒力とは、自分の体にケガや病気が起きた際に自分で治そうとする力のことです)
このように、筋肉のこりは日常のささいな要因から始まります。ご自身で気軽にできるケアとして、ウォーキングやかかと上げなどの簡単な運動やお風呂やドラックストアで売ってるお灸で体を温めるなどで是非継続的に行ってみてください。
筋肉のこりを放置しておくと、首こり、肩こり、背中のはり、腰痛の症状が現れ、さらに慢性化すれば関節の動きに制限がかかり、五十肩になったり、場所によっては神経を刺激し、坐骨神経痛や胸郭出口症候群など手足のしびれの症状が現れます。
このように肩こりや腰痛、更には痛みやしびれに悩まれている方、これ以上繰り返したくない方など、お体の不調でお困りの方は、是非【福岡市天神】女性専用の鍼灸下川鍼灸治療院へ一度ご相談ください。当院は、ただ痛みだけを取り除く対処療法ではなく、肩こりや腰痛など症状が出た根本原因を見つけ、鍼灸と整体を組み合わせた独自の方法で「筋肉・神経・骨格」全てにアプローチし、体を整え何度もぶり返さない体づくりを目指します。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
080-3904-1021
受付時間
平日/土 10:00~19:00 日/祝10:00~13:00
定休日
水曜・第1.3.5週火曜・第2.4週日曜

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

080-3904-1021

<受付時間>
平日/土 10:00~19:00
日/祝 10:00~13:00
※水曜・第1,3火曜・第2,4日曜は除く

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

下川鍼灸治療院

住所

〒810-0073
福岡県福岡市中央区舞鶴2丁目2-7
熊江ビル201号室

アクセス

地下鉄空港線赤坂駅 徒歩3分
地下鉄天神駅・西鉄天神駅 徒歩10分
法務局前バス停 徒歩1分

受付時間

平日/土 10:00~19:00
日/祝 10:00~13:00

定休日

水曜・第1.3.5週火曜・第2.4週日曜